アニメ

『BLEACH』久保帯人氏のサイン会“応募はがき”転売相次ぐ ジャンプ編集部が対策発表

2018/12/06 19:36


久保帯人氏の描き下ろしイラスト (C)久保帯人/集英社


 人気漫画『BLEACH』などで知られる久保帯人氏のサイン会への抽選応募時はがきがネットオークションで転売されていることを受け、『週刊少年ジャンプ』編集部は6日、公式ツイッターで対策を発表。「当選された方は入場に際し、JET特典小冊子『BURN THE WITCH』を招待状と一緒にご持参ください」と呼びかけた。

【画像】イラスト集に収録されている久保帯人氏のラブコメ漫画

 今回のサイン会は、4日に発売された『BLEACH』の完全受注製作品イラスト集『BLEACHイラスト集 JET』が、1万6000円という高額商品にもかかわらず3万5700部の予約受注数を達成したことを受け、同氏が17年ぶりに開催するもの。同イラスト集を購入した人の中から抽選はがきを応募し、当選した人だけが参加できる。告知なしのサプライズ発表で、ネット上では「楽しみ!」「行きたい!」など久々のに開催に歓喜の声があがっていた。

 開催について編集部は「感謝をお伝えしたいという久保先生の思いから、JET購入者の方々へのサプライズとして、抽選で参加いただける限定サイン会を開かせていただきます! 予約期間中に告知をしなかったのは、高額商品ということもあり、購買を煽るような形にはしたくないという久保先生の考えからです」と説明していた。

 しかし、17年ぶりの開催ということとイラスト集が1万6000円と高額なため、ネットオークションでは抽選応募ハガキだけが1000~4000円程度で取引されており、サイン会だけ行きたい人が購入する事態になっていた。

 これを受け編集部は「当選された方は入場に際し、JET特典小冊子『BURN THE WITCH』を招待状と一緒にご持参ください」とイラスト集購入者だけが参加できるように対応。この一連の流れについても「転売不可の記載にも関わらず、残念ながら応募ハガキの転売がネットで見られましたので、予め告知させて頂きます。ご協力、何卒よろしくお願いいたします」と呼びかけた。

 イラスト集は『BLEACH』の連載15年間で描かれた700点以上のカラーイラストを完全収録し、描き下ろした限定の新規イラストや、仕事場に眠る秘蔵ラフなどを2冊にわけて収録されている。
記事提供:オリコンNewS
関連記事
カテゴリ一覧