中川大志「小池徹平さんは本当の先生みたい」 小池「誕生日をケーキで祝ってもらった」

2018/10/12 19:48


主役の“ヘタレ男子”を演じた中川大志


 映画『覚悟はいいかそこの女子。』の初日舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、出演者の中川大志、唐田えりか、伊藤健太郎、甲斐翔真、若林時英、小池徹平ほかが登場した。  本作は“超絶イケメン”ながら恋愛経験ゼロのヘタレ男子・古谷斗和(中川)が、ヒロインの三輪美苑(唐田)を振り向かせるために、カッコ悪く奮闘する日々を描く青春コメディー。  中川は「無事に公開日を迎えることができて、僕たちもほっとしています。たくさんの方にこの映画を届けたいなと思っています」とアピールした。  斗和の恋敵となる教師役を演じた小池は、撮影時のエピソードとして「初日のシーン(の撮影日)が僕の誕生日で、みんながケーキで祝ってくれたんですけど、僕は初日なので全然なじんでいなくて、どういう距離感で祝ってもらおうかなって戸惑いもありつつも、楽しい現場でした」と笑顔でエピソードを披露した。  小池と共演した印象を聞かれた中川は「徹平さんは本当の先生のように若いチームのみんなに気を使わせることもなく、とにかくスマートで、見習いたいなって思いました」と憧れのまなざしを向けた。  唐田も「徹平先生はさわやかで優しかったです。しりとりをしてもらったり、ずっと遊んでもらっていました」と振り返ると、小池は「褒めても何も出ないからね」と照れ笑いを浮かべる一幕もあった。  また、作品にちなみ「この中で一番のヘタレ男子は誰?」と質問されると、全員が若林に視線を向け、会場の笑いを誘った。
そのほかのエンタメニュース
【インタビュー】『覚悟はいいかそこの女子。』中川大志、“反動”が演じる原動力 王子様役から一転、ヘタレ男子役でキャラ崩壊に挑む!

【インタビュー】『坂道のアポロン』三木孝浩監督「知念侑李くんと中川大志くんのセッションが素晴らしく、『この感動をきちんと映画にしなければ』という使命感があふれてきました」

中川大志“エア壁ドン”不発  ヘタレ認定に「見抜かれていた」

中川大志“エア壁ドン”不発  ヘタレ認定に「見抜かれていた」

中川大志&小関裕太、新CMで映像初共演 “即興芝居”を乗り越え「絆が芽生えた」

中川大志、浴衣姿で七夕の願いを披露 「恋する皆に虹がかかりますように」

インタレストマッチ - 広告の掲載について