高木雄也「平成をジャンプして、令和時代を頑張る!」 舞台「クイーン・エリザベス」制作発表会見

2019/04/12 15:49


(左から)高木雄也、大地真央、長野博


 舞台「クイーン・エリザベス」-輝ける王冠と秘められし愛-の制作発表記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の大地真央、高木雄也、長野博ほかが登場した。  本作は、16世紀の英国女王エリザベス1世の半生を大地を主役に迎えて舞台化。独身を貫き、国の繁栄を導いた誇り高き女王の愛と葛藤の姿を、新たな角度から描く。  大地は「新しい元号になって、第1作目に演じさせていただけることをとても幸せに思い、感謝しながら新しいエリザベス像を作り上げていきたいです」とあいさつ。  即位前の21歳から晩年までを演じる大地は、21歳という設定について「それは忘れてください(笑)。若い頃から大人までという雰囲気で捉えてください」と笑顔を見せた。  エリザベスがひそかに心を寄せる寵臣レスター伯を演じるV6の長野は、登壇時に“フレッシュ”と紹介され、はにかみながら「そのフレッシュな気持ちを忘れずに、この役を演じていきたいと思います」と語った。  レスター伯亡き後、エリザベスの心を埋める若きエセックス伯を演じるHey!Say!JUMPの高木は「令和になって一発目なので、しっかりと平成をジャンプして、令和時代を頑張っていきたいです」と意気込みを披露した。  大地は、初共演となる長野と高木について、「長野さんと高木さんは役にピッタリで、いい雰囲気の稽古場です」と語った。  その大地について、長野は「いつもおきれいで、役のイメージ通り。それに、すごく和ませてくれるんです。僕の登場シーンを考えていたら、『フライングで上から登場したら』とアドバイスをくれました」と笑顔でエピソードを明かした。  舞台は5月5日から26日まで都内・日生劇場で上演。
そのほかのエンタメニュース
大地真央、近畿地方の豪雨災害に「心配です」 七夕の願いごとは「明日、淡路島に行けるかな?」

V6・長野博の妻、白石美帆が第1子妊娠 「無事に我が子に会える日が待ち遠しい」

V6・長野博の妻、白石美帆が第1子妊娠 「無事に我が子に会える日が待ち遠しい」

大地真央&瀧本美織、越路吹雪の名曲を歌い上げる  『越路吹雪物語』主題歌のリリース決定

亀梨和也、後輩の高木雄也を泣かした過去を告白 「ドッキリに、本当にびびって泣いちゃって…」

長野博「佐藤勝利くんの輝きには勝てない」 独身の坂本昌行「城島茂と手をつないでいく」

インタレストマッチ - 広告の掲載について