演劇「ハイキュー!!」新生烏野が始動 醍醐虎汰朗「僕が一から始めるんだという気持ち」

2019/08/19 15:08


赤名竜之輔(左)と醍醐虎汰朗 (C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会


 ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“飛翔”制作発表が19日、東京都内で行われ、出演者の醍醐虎汰朗、赤名竜之輔ほかが登壇した。  本作は『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)に連載中の古舘春一氏の人気バレーボール漫画を舞台化したもので、シリーズ8作目となる。  前シリーズまで日向翔陽役を須賀健太が演じていたが、本シリーズからは日向役を醍醐が演じるなど烏野高校キャストが新たになり、“新生烏野”が始動する。  醍醐は、自身が演じる日向について「三次元には存在しないんじゃないかなってぐらいすごくポジティブ。今回、描かれるのは(日向が)壁につぶつかる部分だと思いますが、そこでも取る行動がへこまずに、くじけずに前をずっと向いている」と表現。  続けて「(舞台は)漫画やアニメとは違って生ものなので、リアルなものを作りたいなと思っています。漫画やアニメで描かれていない、いろんな葛藤があると思うので、そこも大切にしていきたい」と熱弁した。  また、これまで日向役を演じていた須賀については「後を引き継ぐという気持ちはこれっぽっちもない」と断言。「同じ役ですが、須賀さんが演じた日向は須賀さんのフィルターを通した日向で、僕が演じるの醍醐虎汰朗というフィルターを通した日向を演じるだけ。僕が一から始めるんだという気持ちで、また新しいことをしていきたい」とコメントした。  一方、影山飛雄役の赤名は「影山は天才的プレーヤーで、常にプレッシャーと戦っている人。僕は2.5次元舞台は初めてですが、影山のように期待に応えられるように、そして、初めてだからこそ何か伝えられるものがあると思うので頑張りたい」と意気込みを語った。  舞台は11月1日~4日、都内・TOKYO DOME CITY HALLほかで上演。
そのほかのエンタメニュース
【インタビュー】『天気の子』主役の醍醐虎汰朗・森七菜が明かす、新海誠作品への思い 醍醐「『秒速5センチメートル』はショッキングでした」

インタレストマッチ - 広告の掲載について