小手伸也、ドラマ会見で不倫騒動を謝罪 人生の流儀は「うそなく常々謙虚に」

2019/11/08 14:39


内田有紀(左)と小手伸也


 WOWOW「連続ドラマW 引き抜き屋 ~ヘッドハンターの流儀~」の特別試写会が7日、東京都内で行われ、出演者の松下奈緒、内田有紀、小手伸也、渡部篤郎と西浦正記監督が登壇した。  本作は、雫井脩介氏の原作をドラマ化。父が創業した会社に勤めていた小穂(松下)は、父がヘッドハンターを介して招き入れた人物の策略により、ある日突然会社をクビになる。その後、くしくも小穂自身がヘッドハンターに転身し、激しい闘いに巻き込まれていく。  松下は「ドラマを見てもらえば、『引き抜き屋とは、こういう人たちのことをいうんだ』というのが伝わると思う。引き抜く方も、引き抜かれる方も、こんなにも葛藤して悩んで涙するんだと。とっても人間らしいドラマです。一生懸命働くことで得られるものがちりばめられているので、ぜひ楽しんでください」とアピールした。  また、週刊誌でファンとの不倫騒動が報じられて以来、初の公の場への登場となった小手は、冒頭のあいさつで「本当に申し訳ありません」と、頭を下げて謝罪した。  隣の内田が「もう? 早くない?」と驚くと、渡部も「何かやったのかい?」と突っ込みを入れた。小手が「ググらないでくださいね」と気まずそうに語ると、渡部は「そっちの方が楽しそうなんですけど」とイジって笑わせた。  さらに、ドラマのタイトルに絡めて「仕事、人生における流儀」について尋ねられた松下は「あいさつを必ずするということです」と回答。内田が「シンプルに感謝です。これ以外ないです。常に感謝して仕事をしています」と続いた。  小手は「仕事では、とにかく皆さまのご要望に応えることに全力を注ぎます。人としての流儀はとにかく、正直に、うそなく常々謙虚でありたいと思っています」と神妙に語ったが、すかさず渡部が「すごい(記者の)メモが進んでるよ」とちゃかして会場の笑いを誘った。  ドラマは11月16日午後10時から、毎週土曜日にWOWOWプライムで放送。(全5回)
そのほかのエンタメニュース
インタレストマッチ - 広告の掲載について