吉岡里帆「新年会は森田剛さんのご自宅で」 舞台「FORTUNE」初日前会見

2020/01/14 15:50


(左から)鶴見辰吾、田畑智子、森田剛、吉岡里帆、根岸季衣


 舞台「FORTUNE(フォーチュン)」公開フォトコール・囲み取材が12日、東京都内で行われ、出演者の森田剛、吉岡里帆、田畑智子、根岸季衣、鶴見辰吾が登壇した。  本作は、英国を代表する劇作家サイモン・スティーブンスが手掛けた世界初上演の作品。悪魔に魂を売った男の経緯を描いた『ファウスト』をベースに、舞台を現代のロンドンの映画界に置き換えて描く。  囲み会見では、森田が「久しぶりにこの緊張感を味わいました。いろいろ変化が多い舞台なので、やっとここにたどり着きました」と率直な心境を語った。  変化が多いという点については「(演出の)ショーン・ホームズの諦めが悪いというか、日々進化を求める人で」と苦笑い交じりに振り返った。  また、座組みのメンバーで新年会も開催したといい、吉岡が「(森田の)ご自宅でおいしい料理をいただきました」と明かした。  「もちろん、奥さま(宮沢りえ)もいらっしゃったんですよね?」とリポーターに聞かれた森田は「ええ」と笑顔を見せた。  舞台は2月2日まで、都内・東京芸術劇場プレイハウスほか、松本、大阪、北九州で上演。
そのほかのエンタメニュース
のんと吉岡里帆がJ-WAVEで対談、「怒りをポジティブなパワーに変えてる」

森田剛「せりふを覚える作業は受験勉強みたい」 「机に向かってとにかく読む」

【インタビュー】「FORTUNE」吉岡里帆、久しぶりの舞台で見せる“大人な役”に「自分の嫌なところもしっかりと見せることで役が生きてくる」

吉岡里帆『見えない目撃者』に自信 ハワイ映画祭に出品「反応楽しみ」

吉岡里帆『見えない目撃者』に自信 ハワイ映画祭に出品「反応楽しみ」

吉岡里帆「高校時代は8人グループで行動していた」 高杉真宙と共にティーン女子の悩みに回答

インタレストマッチ - 広告の掲載について