桐谷健太、東出昌大とW主演でバディ役 比嘉愛未「絆が出来上がっている」

2020/01/14 16:05


桐谷健太(左)と東出昌大


 テレビ朝日の木曜ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」完成披露試写会および舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、W主演する桐谷健太、東出昌大ほかが出席した。  ドラマは、元体育教師の異色刑事・仲井戸豪太(桐谷)と東大卒の超エリート検事・真島修平(東出)という、決して交わらない2人の男が“ビッグ・バディ”を組み、衝突しながら事件に挑んでいく。  2人はかつて映画『GONIN サーガ』(15)で共演した。桐谷は、再共演した東出について、「そのときから心根の優しい子で、気遣いもできるし、身長さえ僕より低かったらずっと頭をナデナデしていました。そこは変わらず、芯が太くなった印象を受けます」と語った。  対する東出は、桐谷について、「進化や強化はしているんだと思いますが、変わったというより、背中が広く分厚くなったという印象。頼りがいのある心強い先輩です」と返した。  共演の比嘉愛未が「本番ギリギリまでずっとお話をされています。インして1カ月だけど、絆が出来上がっている」と現場での2人の様子を明かした。  「比嘉さんがこっちを見ていたから、俺らが相当格好よく映っているんだろうなと思って」と語る東出に、すかさず桐谷が「何を言うてんねん!」と突っ込んで笑わせた。  ドラマは1月16日午後9時から毎週木曜放送。
そのほかのエンタメニュース
「せわしなく動き回る田畑と、落ち着きがあって重心の低い河野の対比が面白い」桐谷健太(河野一郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

比嘉愛未「東京2020大会を盛り上げたい」 新ポスター撮影は「体がバキバキになった」

東出昌大と仲野太賀、異常な仲の良さ 片桐はいり「付き合っているんじゃないかな」

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

【インタビュー】「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」東出昌大「撮影は台本との戦いでした」瀬々敬久監督「東出くんのドキュメンタリーのような作品」

インタレストマッチ - 広告の掲載について