田中みな実「泣きながらチョコを400個作っていた」 おかずクラブに“美脇ケア”の仕方を伝授

2020/02/13 16:19


 “ニベア型のチョコ”を贈られ、喜びキスをする田中みな実


 「ニベア デオドラント アプローチ パールトーン新商品PR発表会」が13日、東京都内で行われ、フリーアナウンサーの田中みな実、お笑いコンビ・おかずクラブのオカリナとゆいPが登場した。  同商品は、脇やデコルテなどに塗れるトーンアップパウダー配合の美肌デオドラント。  田中は、おかずクラブにデコルテや美脇ケアの仕方を伝授したほか、バレンタインデーに男性を落とすための“目を見てシンプルに伝える告白法”を指南し、会場を湧かせた。  「明日のバレンタインデーにチョコを渡す予定は?」と聞かれた田中は「あげます、たぶん80個ぐらい。番組(の収録)と取材があってジムにも行くので、それぞれで(配ると)結構な量になります」と答えた。  「その中に本命チョコはある?」との問いには、目をパチパチさせながら「ぜ~んぶが本命です。本当に全部に心が詰まっているんです~」とあざとさ全開の回答で笑いを誘った。  また、局アナ時代に毎年チョコを手作りしていたエピソードも披露し、「毎年1月末から業務用のオーブンをおうちにレンタルして、チョコを300個とか400個とか寝ずに作っていました。両親が心配して『無理しないで。泣きながらやるぐらいだったら今年で止めて』って言うぐらいに、躍起になって頑張っていました」と話して会場を驚かせた。  「プライベートで田中さんと交流はある?」と聞かれたゆいPが「前田敦子さんときゃりーぱみゅぱみゅさんと、みな実さんとおかずクラブで夕飯に行ったら、みな実さんにすごく気を使っていただいて、男性がいない場でも気が使えるんだなって思いました」とエピソードを明かすと、オカリナも「確かに、憧れの女性です」と納得していた。
そのほかのエンタメニュース
インタレストマッチ - 広告の掲載について