本多劇場が一人芝居を無観客生配信 柄本時生、井上小百合、入江雅人らが出演

2020/05/20 19:05


第1弾キャスト


 新型コロナウイルス感染拡大防止のために4月7日から全ての劇場を自主的に休館している本多劇場グループが、6月1日から営業を再開し、第1弾公演として無観客で行われる一人芝居を日替わりでライブ配信することを発表した。  今回上演される企画「DISTANCE」は、脚本・演出家の川尻恵太氏と御笠ノ忠治氏が発起人となって立ち上げたもので、社会情勢を踏まえながら、安全を最優先にし、段階的に公演を行っていく。  第1弾公演は、ライブで観劇する状態に少しでも近づけるという意図から、有料の定額チケット制で、アーカイブを残さずに、その日1回限りのライブ配信のみを行う。出演者は、柄本時生、井上小百合、入江雅人、伊礼彼方ほか、下北沢や一人芝居に縁のある役者が顔をそろえた。  公演は、オムニバス形式で構成。川尻氏と御笠ノ氏がストーリーテラーとなり、物語を進行し、メインキャストは各回1人のみ、そのステージのみの出演となる。  劇場再開にあたり、本多劇場グループ総支配人の本多愼一郎氏は「人が集まってこそ劇場です。劇場は舞台で作り上げた作品をお客さまにお届けする場所です。劇場としてできることは何なのか。安全を第一としつつ、わずかでも着実に、一歩ずつ。今できることをやりながら私たちは前に進みたいと思います」とコメントを寄せた。  本多劇場グループPRESENTS「DISTANCE」は6月1日~7日に動画配信サービス「Streaming+」で配信。
そのほかのエンタメニュース
桐山照史「柄本時生がいとおしく見えてきた」 舞台でロミオとジュリエットの恋人役

【インタビュー】「泣くロミオと怒るジュリエット」柄本時生、まさかのジュリエット役に「せりふを一生懸命言うということに尽きる」

井上小百合、卒業発表直後の舞台に「ご縁を感じた」 フラダンスの稽古は「びっくりするぐらいしんどい」

インタレストマッチ - 広告の掲載について