「半沢直樹」大和田と半沢の握手に反響 「偉大な歴史の一場面に立ち会った気分」

2020/09/15 12:08


(C)Michell


 堺雅人が主演する日曜劇場ドラマ「半沢直樹」(TBS系)の第8話が、13日に放送された。  半沢(堺)は、帝国航空再建の鍵を握っているのは政界のドン・箕部幹事長(柄本明)だと確信し、調べを進める。  一方、常務の紀本(段田安則)と箕部が裏でつながる理由を探りたい大和田(香川照之)は、半沢に「私と手を組まないか」と、改めて共闘を持ち掛けた。  「組むのか、組まないのか。どっちなんだ!」と詰め寄る大和田に、半沢は「人にものを頼むときの“大事な7文字”を以前、教えていただきましたね。もうお忘れですか。あなたは小学生以下ですか!」と対応した。  大和田が顔をゆがめながら、「お…お…お、おねしゃす!」と言葉を絞り出すも、半沢は「おねしゃす? 2文字足りないようで」と、これを却下。大和田が「お願いします! これでいいだろ」と大声で叫ぶと、半沢もようやく納得した。  そんな2人のやり取りに、SNS上も大爆笑ムード。「おっ、前回と立場が逆転してる」「素直に組みたいって言えばいいのに」「もう小学生じゃん。メガバンクの役員なのに」「やられたらやり返した!」「半沢が大和田にドS過ぎる」「直樹、一応そいつ上司だぞ」「半沢って結構根に持つよね」などと大いに盛り上がった。  その後、テーブルを挟んで互いに手を差し出した2人だが、距離は遠い。じわじわと歩み寄ってついに握手を交わしたが、すぐに手を離した。  これには「握手一瞬かよ!」「早っ! 早過ぎる握手」「タッチなのか握手なのか」「ちょん、とだけ手を組んだ」「何だか偉大な歴史の一場面に立ち会った気分だわ、一瞬だったけど」「うちの犬の、お手並みの速さだった」といったコメントが相次いだ。
そのほかのエンタメニュース
香川照之、外出自粛中に自炊にハマる 「今一番心が休まるのはタマネギのみじん切り」

「半沢直樹」堺雅人「鼻息がスッスッと来た」 黒崎役・愛之助との“接近”を回顧

「半沢直樹」堺雅人の「まるで赤ん坊ですね」に大反響 「切れ味良過ぎて最高だった」

「半沢直樹」香川照之の“新名言”に視聴者爆笑 「笑わなかった堺さん、すご過ぎる」

「半沢直樹」続編「期待を裏切らない面白さ」 香川照之の「恩返し」が“新名言”

インタレストマッチ - 広告の掲載について