プレスリリース

【TANAKAホールディングス株式会社】「Santen IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2021 in 品川」に カテゴリースポンサーとして協賛

21年06月10日 11:04

2021年6月10日
TANAKAホールディングス株式会社

田中貴金属グループ
「Santen IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2021 in 品川」に
カテゴリースポンサーとして協賛

 
 TANAKAホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:田中 浩一朗)は、5月30日から 6月5日に開催された「Santen IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2021 in 品川(以下、Santen ブラサカグランプリ 2021)」(主催:国際視覚障害者スポーツ連盟/特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会)に、カテゴリースポンサーとして協賛しました。

 TANAKAホールディングス株式会社は2017年より NPO 法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)のパートナーおよびブラインドサッカー女子日本代表スポンサー企業として、ブラインドサッカーの啓発と普及のため、その活動を支援しています。
 2018年、2019年に引き続き「Santen ブラサカグランプリ 2021」の開催に伴い、国内および世界におけるブラインドサッカーのさらなる発展に寄与するため、大会のカテゴリースポンサーとして式典・セレモニーの運営に協賛し、チーム・選手に授与されるメダル、トロフィー、表彰盾を提供しました。

 「Santen ブラサカグランプリ 2021」は、ブラインドサッカーのアジアおよび世界への普及を目的に、2018年から「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ」として新設された国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA)の公認大会で、2018年に第1回、2019年に第2回が開催されました(昨年の第3回は開催中止)。第4回となる本大会は、無観客で開催され、全試合オンラインにて配信されました。また、参加者(選手、代表チームスタッフ、運営スタッフの一部)などには、大会期間前後の一定期間外部との接触を断つ隔離プログラム(「バブル方式」)を適用するコロナウイルス感染防止に留意した運営を行いました。大会には世界ランク14位以内の5カ国が出場し、5チームによる1回戦総当たりのリーグ戦を実施。6月5日の最終日には、3位決定戦、決勝戦の2試合が行われ、スペインがタイに勝利して第3位となり、決勝戦では日本がアルゼンチンに敗れて準優勝。アルゼンチンが3連覇となりました。試合終了後に会場で行われた表彰式ではチーム・選手に各賞が授与されました。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106096054-O19-94sQqp1g
3連覇を果たした アルゼンチン代表チーム

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106096054-O20-yrzLpTq0
MVP・得点王に選ばれた アルゼンチンのマキシミリアーノ選手

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106096054-O21-MNl586v8
MIPに選ばれた 佐々木ロベルト泉選手

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106096054-O22-5PUnIGSH
TANAKA Great effort awardに 選ばれた田中章仁選手
 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106096054-O23-0U9gpAR6
日本代表チームの川村怜選手 (中央 )

 
<大会概要>

【大会名称】Santen IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2021 in 品川
【開催日】2021年5月30日(日)~6月5日(土)
【会場】品川区立天王洲公園
【参加国】
 ■出場国:5カ国
 日本(世界ランク12位)、アルゼンチン(同1位)、スペイン(同3位)、タイ(同13位)、フランス(同14位)

<大会結果>

■6月5日(日)試合結果
 ・第1試合:3位決定戦 タイ 0-1 スペイン
 ・第2試合:決勝戦 アルゼンチン 2-0 日本

■最終順位
  第1位:アルゼンチン  第2位:日本  第3位:スペイン  第4位:タイ  第5位:フランス

<TANAKAホールディングスの提供内容>

■メダル・トロフィー・盾
 ・第1位:金メダル、優勝トロフィー
 ・第2位:銀メダル
 ・第3位:銅メダル
 ・MVP:盾(大会ロゴ入り:金色)
 ・ MIP:盾(大会ロゴ入り:銀色)
 ・得点王:盾(大会ロゴ入り)
 ・最優秀ゴールキーパー賞:盾(大会ロゴ入り)

■TANAKA賞
 ・TANAKA Great effort award:トロフィー

■その他:審判
 ・メダル

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106096054-O24-x20x1i3Z
 
TANAKAホールディングスが提供したメダルや記念品

 
■TANAKAホールディングス株式会社(田中貴金属グループを統括する持株会社)
本社:東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング22階
代表:代表取締役社長執行役員 田中 浩一朗
創業:1885年 設立:1918年※ 資本金:5億円
グループ連結従業員数:5,138名(2019年度)
グループ連結売上高:1兆1,496億(2019年度)
主な事業内容:田中貴金属グループの中心となる持株会社として、グループの戦略的かつ効率的な運営とグループ各社への経営指導
HPアドレス:https://www.tanaka.co.jp(グループ)、https://tanaka-preciousmetals.com(産業製品)
※2010年4月1日にTANAKAホールディングス株式会社を持株会社とする体制へと移行いたしました。

 
■田中貴金属グループについて
田中貴金属グループは1885年(明治18年)の創業以来、貴金属を中心とした事業領域で幅広い活動を展開してきました。国内ではトップクラスの貴金属取扱量を誇り、長年に渡って、産業用貴金属製品の製造・販売ならびに、宝飾品や資産としての貴金属商品を提供。貴金属に携わる専門家集団として、国内外のグループ各社が製造、販売そして技術が一体となって連携・協力し、製品とサービスを提供しております。また、さらにグローバル化を推進するため、2016年にMetalor Technologies International SAをグループ企業として迎え入れました。

今後も貴金属のプロとして事業を通じ、ゆとりある豊かな暮らしに貢献し続けます。

田中貴金属グループの中核5社は以下の通りです。
・TANAKAホールディングス株式会社(純粋持株会社) 
・田中貴金属工業株式会社
・田中電子工業株式会社
・日本エレクトロプレイティング・エンジニヤース株式会社
・田中貴金属ジュエリー株式会社

アルゼンチン代表チーム

マキシミリアーノ選手

佐々木ロベルト泉選手

田中章仁選手

川村怜選手 (中央 )

■リリース全文