田中圭、休日の夜8時にしていることを告白 「子どもたちがYouTubeを見るので…」

2021/10/12 07:00


オンライン会見に登場した(左から)安田顕、田中圭、倉科カナ (C)テレビ東京


 ドラマ「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」のオンライン会見が11日に行われ、出演者の田中圭、安田顕、倉科カナが登場した。  本作は、天才遺伝子科学者・神保仁(田中)が、熱血刑事・安堂源次(安田)や科捜研の美女・乱原流奈(倉科)と共に、難事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫るヒューマンミステリー。  田中は、「チーム一丸となって作ってきた作品です。初回は神保と安堂刑事の出会いを楽しんでいただいて、この凸凹コンビがどんどん形を変えていくので、最後までお付き合いいただけたらうれしいです」とアピールした。  演じる役柄にちなみ、「自分の中で天才だと思うところは?」と聞かれると、「どこでも寝られるところ」と回答。「ロケでスタッフさんが空き時間とかにいすを出してくれると、そこでもカーッて寝ちゃうんで」と話した。  そんな田中について、安田は「忙しいから、時間があったら少しでも休もうとされているけど、カチンコが鳴ったら、ぶわーってしゃべりますから。天才科学者の役だから、日常用語じゃない言葉をずっとしゃべるんですよ。あれはすごい、特殊技能だと思います」と絶賛した。  ドラマの放送時間にちなみ、「休みの日の夜8時は何をしている?」と質問された倉科は、「配信の海外ドラマとか映画を見て、号泣しながら飲んでいます。号泣するのがストレス発散なので、すごく泣いています」とコメント。  田中は「ご飯を食べています。お休みの日となると、外に食べに行っている気がしますけれど、家にいるときは子どもたちがYouTubeを見るので、『駄目っ』と言ってテレビに変えます」と語った。  ドラマは、15日午後8時からテレビ東京系で放送スタート(毎週金曜午後8時から放送)。 [gallery columns="2" ids="1296436,1296437,1296438,1296439"]
そのほかのエンタメニュース
田中圭「中谷さんが意外とおちゃめ」 中谷美紀「田中さんは、本当に空気の読める方」

永野芽郁×田中圭×石原さとみ『そして、バトンは渡された』Billboard JAPAN独占試写会に15組30名様ご招待

安田顕主演『私はいったい、何と闘っているのか』の主題歌をウルトラ寿司ふぁいやーが書き下ろし

田中圭、中谷美紀との夫婦役に「緊張しました。ハラハラしてました」 中谷「それ、どういう意味ですか?」

「婚姻届に判を捺しただけですが」新キャスト発表 “偽装夫婦”を取り巻く人物として倉科カナ、高杉真宙ら

インタレストマッチ - 広告の掲載について