鈴木亮平「実は昨日も下見に来たんです」 今田美桜とTDLで『バズ・ライトイヤー』SPイベント

2022/06/21 11:09


鈴木亮平(左)と今田美桜 (C) 2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved. (C) Disney


 ディズニー&ピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』日本版声優スペシャルイベントが20日、千葉県浦安市の東京ディズニーランドで行われ、日本版声優を務めた鈴木亮平と今田美桜が登場した。  本作は、映画『トイ・ストーリー』シリーズに登場する、スペースレンジャー、バズ・ライトイヤーの知られざるルーツを描く。  アンディ少年のお気に入りの“おもちゃ”のバズは、実は、彼の人生を変えるほど夢中になった大好きな映画の主人公であり、本作はその“映画”の物語。  バズの声を演じた鈴木は「ディズニーランドに来ると、まずこのエリアに来てスペース・マウンテンに乗るのがいつもの流れなので、この場所でイベントをできることがとても感動的です。実は昨日も下見に来たんです。そして、トイ・ストーリーホテルに泊まりました! 『俺おもちゃだったんだ』という気持ちになりました」と、笑顔でエピソードを披露した。  バズの仲間・イジー役の今田も「福岡から上京してきたときは、まずディズニーランドに来ました。当時シンデレラ城の大きさに感動したのを覚えています」と目を輝かせた。  日本語版声優に決まったときは「うれしいのと同時にプレッシャーもあった」という鈴木。収録の際は「人間のバズとして演じることを意識したのですが、所(ジョージ)さんの作り出した愛すべきバズのイメージを裏切らないように、かつ新しいバズを作り上げる思いで挑みました」と明かした。  今田は「ドッキリなんじゃないかと思い、何度も確認しました。母もすごく喜んでいました!」とうれしそうに語った。  イベント後、2人は同所の人気アトラクション「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」を体験することに。  以前、低得点だったため、「ネットで攻略法を見てきた」という鈴木は、終了後「満点でレベル7(アストロ・ヒーロー)を獲得しました!」と興奮気味に報告。初挑戦となった今田も「楽しかったです。私はレベル4でした」と声を弾ませた。  映画は7月1日から公開。 [gallery ids="1336140,1336141,1336142"]
そのほかのエンタメニュース
“バズ・ライトイヤー”は、なぜ世界中の人々から愛されるのか? 監督が着目した「トイ・ストーリー」シリーズで、バズが一番面白い瞬間とは【独占ニュース】

鈴木亮平『バズ・ライトイヤー』の日本版声優に決定 米国本社のオーディションで役を獲得「興奮しました!」

今田美桜、今の自分に欲しいのは「対応力」 最近は「編み物にハマりそうな予感」

今田美桜、最近習慣にしていることは「温活」 臼田あさ美は、韓国テレビ番組で「ヲタ活」

今田美桜が、バレンタインケーキにデコレーション 妻夫木聡「“妹”に頂けるのは、ちょっとじんわりきちゃう」

インタレストマッチ - 広告の掲載について