「六本木クラス」“新”竹内涼真の助っ人に「めちゃくちゃ強い」 「仲間がどんどん増えていくのが熱い」

2022/08/05 06:55


「六本木クラス」(C)テレビ朝日


 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第5話が、4日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく、仲間と共に立ち向かう姿を描く。(※以下、ネタバレあり)  新の初恋の人で、長屋ホールディングスに勤務する楠木優香(新木優子)も参加した「二代目みやべ」の飲み会の席で、新たは店をフランチャイズ化して全国展開するつもりだと伝える。  後日、優香は長屋ホールディングス会長の長屋茂(香川照之)にそのことを伝えると、茂から二代目みやべを注視するよう命じられる。  そんな中、二代目みやべのマネジャー・葵(平手友梨奈)の頑張りで、二代目みやべが料理対決番組に出ることに。  新が番組プロデューサーと打ち合わせをしていると、そこへ茂の長男の龍河(早乙女太一)が現れて…。  放送終了後、SNS上には、「韓国ドラマの特徴なのか、せりふ回しが深いドラマ。理屈なしに面白い」「新と優香、葵の三角関係の展開から目が離せない」「早乙女太一くんの憎たらしい演技が最高。嫌な役だけれどハマっている」などの感想が投稿された。  また、終盤で、龍河からいじめを受けていた桐野雄大(矢本悠馬)と、長屋ホールディングス専務の相川京子(稲森いずみ)が、新と手を組んだことが分かった。  すると、「矢本悠馬と稲森いずみ参戦で、違う面白さが加わった」「矢本悠馬がバックに付いてるのは、めちゃくちゃ強い」「最初は一人だった新に、仲間がどんどん増えていくのが熱い」といった反響が寄せられた。 [gallery columns="1" size="medium" ids="1343322"]
そのほかのエンタメニュース
THE BEAT GARDEN『六本木クラス』の挿入歌「Start Over」MV公開、舞台は東京・六本木

「六本木クラス」“新”竹内涼真の魅力に注目集まる 仲間の心を最優先する姿に「そりゃほれるよ」「まさに人たらし」

秦 基博によるドラマ『六本木クラス』の挿入歌「残影」初公開、配信リリース&コラボMV公開

THE BEAT GARDEN、ドラマ『六本木クラス』の挿入歌「Start Over」メイキング映像公開

THE BEAT GARDEN、キャリア史上最大規模の全国ライブハウスツアー完走 ドラマ『六本木クラス」挿入歌「Start Over」初披露

インタレストマッチ - 広告の掲載について