「親愛なる僕へ」連続殺人犯“LL”の正体が判明 「全員裏の顔があって面白い」「もう一人の真犯人は第三のエイジか」

2022/11/24 13:46


「親愛なる僕へ殺意をこめて」(C)フジテレビ


 Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演するドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」(フジテレビ系)の第8話が、23日に放送された。  本作は、連続殺人犯の“LL”を父に持つ浦島エイジ(山田)が、ある日、自分が二重人格であることを悟り、もう1人の自分である“B一”が殺人を犯しているかもしれないという不安にかられ、真相を明らかにしていくサスペンス。(※以下、ネタバレあり)  B一は、エイジの人格が6日以上、表に出てきていない状況に不審を抱いていた。  10月30日の時点では、エイジの恋人の雪村京花(門脇麦)は、LLが八野衣真(早乙女太一)だと信じ込んでいた。  だが、11月3日になると、京花は「LLが生きていた」と言い出す。B一は、その3日の間に京花が何かを知ったのではないかと推測し、彼女の足取りを調査する。  京花のマンションに侵入したB一は、彼女の部屋で車のキーを見つけ、カーナビの履歴から、11月1日に京花が、とある町を訪れていたことを知る。そして、ナミ(川栄李奈)と共にその町へと向かう。  終盤では、LLの正体がエイジの義父の浦島亀一(遠藤憲一)であることが判明。これを悟ったエイジが浦島家を訪れ、亀一の手にナイフを突き刺し、亀一と対峙(たいじ)するシーンが描かれた。  放送終了後、SNS上には、「怒濤(どとう)の解答編で、LLの正体が明かされてすごかった」「B一と亀一の対峙シーンがよかった。手を刺された後のエンケンさんの目が怖かった」「全員裏の顔があって面白い。エイジの姉(夏子)も狂気過ぎて怖かった」などの反響が寄せられた。  また、次回の最終話の予告で、もう一人の真犯人がいることが明かされると、「もう一人、真犯人がいるとは! 予想を上回る展開にワクワク」「誰が真犯人なのか、楽しみ」「終わり方が読めない。真犯人って、まさかのナミ?」「タイトル通り、黒幕は自分なのかも。エイジに第三の人格があるとか」といったコメントも投稿された。 [gallery ids="1361178,1361179,1361180"]
そのほかのエンタメニュース
「親愛なる僕へ」“桃井薫”桜井ユキと“猿渡”高嶋政宏に衝撃の結末 真犯人は「“亀一”遠藤憲一の引きこもりの娘が鍵な気がする」

「親愛なる僕へ」“京花”門脇麦を刺した犯人に衝撃の展開 “LL事件”の真犯人は「“猿渡刑事”髙嶋政宏が一番怪しい」

「親愛なる僕へ」“京花”門脇麦の衝撃告白に視聴者騒然 「京花がぶっ壊れ過ぎていてゾッとした」「毎週意外な展開過ぎる」

「親愛なる僕へ」“京花”門脇麦の心の闇が明らかに 「京花本人も二重人格の可能性があるのか」

「親愛なる僕へ」“エイジ”山田涼介の拷問シーンが「迫真の演技だった」 「“桃井刑事”桜井ユキまで怪しくなってきて新展開に期待大」

インタレストマッチ - 広告の掲載について