トレエン斎藤、W杯で「ドイツを応援」 「ちゃんと痛い目に遭いました」

2022/11/24 14:57


ミスター・ワームウッドを演じるトレンディエンジェルの斎藤司 (C)エンタメOVO


 ミュージカル「マチルダ」制作発表が24日、東京都内で行われ、出演者の嘉村咲良、熊野みのり、寺田美蘭、三上野乃花、大貫勇輔、小野田龍之介、木村達成、斎藤司(トレンディエンジェル)、田村万里生ほかが登壇した。  本作は、『チャーリーとチョコレート工場』でも有名な、英国の作家・ロアルド・ダールによる児童文学を原作としたミュージカル。  日本オリジナルキャストでの初上演となる今回は、1000人以上が参加したオーディションを勝ち抜いた、嘉村、熊野、寺田、三上がマチルダ役を演じる。  また、生徒たちを恐怖で支配するミス・トランチブル校長役を、大貫、小野田、木村がトリプルキャストで演じる。  大貫は「10年前にウエストエンドで観劇し、トランチブル校長がリボンを振りながら、変な動きをしながら、歌い踊り狂うシーンが印象に残っていたのですが、まさか自分がやるとは。僕の身体能力を生かして、役を作っていけたらと思います」と語った。  一方、小野田は「非常に戦いがいのある子どもがそろったなと思っています。われわれ3人で、子どもたちに立ち向かっていきたいと思います」とコメント。  木村は「スパルタで、威圧的な校長先生を演じるので、子どもたちに恐れられるように演じられれば」と意気込みを語った。  また、斎藤は、田村とWキャストでミスター・ワームウッド役で出演する。  斎藤は「こんなに好青年(田村)が私と同じ役なのかというのに驚いていますし、自分が選ばれたこと自体が奇跡だと思います」と語った。  マチルダの悪い父親という役どころであることから、斎藤は「昨日も、(W杯の日本戦では)ドイツを応援していました。そうしたら、ちゃんと痛い目に遭いました。日本おめでとうございます」と自身の“悪いエピソード”を話して笑わせた。  舞台は、2023年3月25日から5月6日、都内・東急シアターオーブほか大阪で上演(プレビュー公演あり)。
そのほかのエンタメニュース
武田航平&木村達成が明かす、芝居に必要な“栄養源”【インタビュー】

小関裕太&木村達成「躍動感のある舞台らしく、楽しめる作品」 ミュージカル「四月は君の嘘」をWキャストで

【インタビュー】映画『SING/シング:ネクストステージ』斎藤司「『グンターは絶対に離さないぞ!』という気持ちです(笑)」日本語吹き替え版で愛着ある“はまり役”に再挑戦!

桜井玲香「たくさん悩んで作っていけたら」 「スラップスティックス」で木村達成の初恋相手役

【インタビュー】ミュージカル「フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~」大貫勇輔「いかにリアルにケンシロウを存在させられるかが大きな課題」

インタレストマッチ - 広告の掲載について