「女神の教室」“照井雪乃”南沙良のツンデレぶりに反響 「ツンツンしまくってる照井さんが、少しずつデレし始めた」「キュン死した」

2023/01/24 06:39


「女神の教室~リーガル青春白書~」(C)フジテレビ


 北川景子が主演するドラマ「女神の教室~リーガル青春白書~」(フジテレビ系)の第3話が、23日に放送された。  本作は、未来の法曹界を担う若者たちが通うロースクール(法科大学院)のリアルな日常や、教員と学生たちの成長を描くリーガル青春群像劇。(※以下、ネタバレあり)  柊木雫(北川)は、刑事の風見颯(尾上松也)から、話がしたいと呼び止められた。  風見は、自身が担当した事件について、柊木の裁判官としての意見を聞きたいというが、柊木は実際に裁判を見聞きしていないため、軽はずみな見解は出来ないと断る。  その翌日、実務演習の講義で、柊木は「黙秘権」を題材にした事案を、新たに学生たちに課す。  研究家教員の藍井仁(山田裕貴)があきれる中、柊木は黙秘権について、肯定派を真中信太郎(高橋文哉)、水沢拓磨(前田拳太郎)、天野向日葵(河村花)、否定派を照井雪乃(南沙良)、桐矢純平(前田旺志郎)に分けてディベートをさせる。  放送終了後、SNS上には、「第3話もすごく良かった。このドラマは法律の勉強にもなる」「論理的思考の固まりの藍井先生が、柊木先生の意見を認めたシーンは驚いたし、うれしかった」「真中くんの裏の顔が増えてきてうれしい。柊木先生の服も、おしゃれでいい」などの感想が投稿された。  また、照井役の南について、「第3話は照井さんの回だった。回を重ねれば重ねるほど、南沙良ちゃんを好きになっていく」「今週の南沙良ちゃん、一段とかわいくて、キュン死した」「照井のツンデレがたまらない。ビジュアルが強過ぎる」「ツンツンしまくってる照井さんが、少しずつデレし始めた回。照井のデレがもっと見られるまで見届けたい」といった声が集まった。 [gallery ids="1369544,1369545,1369546,1369547,1369548,1369549,1369550,1369551"]
そのほかのエンタメニュース
「どうする家康」本多忠勝役の山田裕貴「忠勝として殿に腹が立ってきた」 「あのシーンは自分でも涙するとは思っていなかった」

「女神の教室」“柊木先生”北川景子は「まさに女神」 「成績下位の水沢、桐矢、向日葵が上がっていくさまが見たい」

「女神の教室」初回「“柊木”北川景子が本当にきれいだった」 「“藍井先生”山田裕貴との掛け合いが楽しかった」

Vaundy、北川景子主演ドラマ『女神の教室~リーガル青春白書~』主題歌を書き下ろし

「君の花になる」最終話 解散予定の8LOOMに急展開 「最後の“弾”高橋文哉が爆発的にカッコ良かった」

インタレストマッチ - 広告の掲載について