「おっパン」“美香”富田靖子を思う沖田家が「最高で泣いた」 「家族みんなで食卓を囲めるのって尊い」

2024/02/12 13:32


(C)東海テレビ


 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(東海テレビ・フジテレビ系)の第6話が10日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、世間の古い常識や偏見で凝り固まった中年男・沖田誠(原田)が、二回り以上年下のゲイの友達(中島颯太)ができたことで、自身の「常識」をアップデートしていくヒューマンコメディー。    順調にアップデートを重ねていた令和の堅物おっさん・沖田誠。しかし、ゲイの大地と円(東啓介)の関係を受け入れていたがゆえに、思わぬ形で“アウティング”をしてしまう。  アウティングとは、本人の了承を得ずに、その人の性的指向などを公表してしまうこと。幸い2人の関係に気付いている面々の前でのアウティングだったが、誠は自分がまだまだ無知であることを痛感する。  そんな中、美香(富田靖子)は同僚の前田(池津祥子)から美香のアイデア弁当がメニューに採用されたことを称賛される。美香はうれしく、家族に報告したかったのだが、誠や娘の萌(大原梓)は、そんな美香の気持ちに気付かなかった。  つい不満を吐露してしまう美香に、誠はこれまで美香が支えてくれていたことにハッと気付き、萌や翔(城桧吏)も巻き込み、とある作戦を決行する。  そんな中、誠のオフィスに誠の先輩で誠以上に偏見の塊のような昭和オヤジ・古池正則(渡辺哲)がやって来る。正則は新たな嵐を巻き起こして…。  美香の心情に焦点が当てられた6話では、誠、萌、翔が、美香が推しているアーティストのコンサートチケットをひそかに入手。終盤では3人が美香にそのことを伝え、沖田家の家族4人が笑顔で食卓を囲むシーンが描かれた。  放送終了後、SNS上には、「お母さんの気持ちが痛いほど分かる回だった。沖田家が最高で泣いてしまった」「沖田家はすごくすてきな家族。みんなで食卓を囲めるのって尊い」「最後はほっこり、いい家族でボロボロに泣いた。翔くんが食卓に戻って来てくれて良かった」といった声が集まった。  このほか、「原田泰造が良き中年の感じが大変良い。一気にうまくいかない感じがリアルでいい」「本気で好きなことは頑張っちゃうんじゃないかな? というお母さんの言葉が刺さった」「今回もすごく良くて神回だった。めちゃくちゃ胸にくるものがあった」などの感想も寄せられた。
そのほかのエンタメニュース
「おっパン」“沖田誠”原田泰造の大失敗に 「勉強になった」 「アウティング、無意識にしてるかも。気を付けなければ」

「おっパン」“沖田誠”原田泰造がアプデする姿に感動の声 「今の親世代は見た方がよい」「息子に向き合う姿勢に大拍手」

原田泰造主演の「おっパン」3話で“タイトル回収” 「なるほど過ぎた」「性的指向は本当におっさんのパンツみたいなもの」

「おっパン」中年男“沖田誠”原田泰造が“腐女子”の世界に 「原田泰造の演技が最高過ぎる」「アップデートに年齢は関係ない」

原田泰造「最近の若者はすごいなと感心する方が多い」 主演ドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」【インタビュー】

インタレストマッチ - 広告の掲載について